FC2ブログ

嬢の送金依頼の意図

Thai Baht

パイパン愛好家です。こんばんわ。
今日は嬢と付き合ううえで避けては通れないテーマ「嬢からの送金依頼」について書こうと思います。
たぶん、タイ人の彼女さん、オキニちゃんと付き合いがある方はみんな関心があるテーマだと思います。
私も最近、オキニちゃんができましてお金の相談をされるようになりました。

私のブログを見ている皆さんに特に日本で暮らしている方には日本とタイではお金についての考え方が大きく異なることを前提として理解していただきたいと思います。
そして、送金依頼をしてくる子たち全員が悪気があって送金依頼をしているわけではないことも理解してほしいと思います。

日本は働いて自分でお金を稼いで自分の身の世話は自分ですることができて一人前とされていますが、タイはそうではありません。夜の嬢に限らず一般のタイ人全体に言えることとして、お金があるものがお金がないものを助けることは当たり前のこととされています。
タイのテレビを見ていますと貧乏な家庭がテレビで紹介されており、募金を募っていたりもします。
そしてそのテレビを見ていた金持ちがポーンとお金を寄付してしまうんですね。

例えば会社でもタイ人と食事に行けば、私が全額払うことになりますし、当たり前です。また私の上司がいればそれがタイ人でも私の上司が全額お金を払います。

またあるタイ人の友人は、その友人が大きな買い物をするので代わりにカードで建て替え分割払いして、友人から毎月分割払い分を集金する。なんてこともしています。タイでトップクラスの国立大学の出身の人ですら、このような感じです。

日本ではちょっと考えられないですよね。

基本的にタイ人てお金にすごくだらしないんですよ。

嬢の送金依頼ですが、私は悪気はなく本当に困って送金依頼をしているケースと、だましているケースがあると思います。
中でも気を付けなければならないのは、あなたのために仕事を辞めるから、その代わりに2-3万バーツほど毎月援助して欲しいというもの。これは残念ながら100%嘘と言えます。なぜなら今時2-3万バーツでは嬢の生活費、家族の生活費を賄うことができないからです。ただし、嬢が田舎に家族と一緒に暮らし贅沢をしなければやっていける額だと思います。
しかし、ではなぜ2-3万バーツか。それは嬢が2-3万バーツ程度の送金であればだいたいの男が支払える額であることを知っているからです。
そして、おそらく彼女が夜の店を辞めたとしてもこれまでの常連客や出会い系サイトを使って稼ぐでしょう。
まったく意味がないのでやめたほうがいと思います。
送金を断ってしまったら彼女に振られてしまうと心配してしまう人もいるでしょうが、自分が気持ちを強く持たなければ嬢に振り回され、お金を搾取されてしまう状況が続いてしまうので断る勇気を持つことも大切です。

2019年現在のバンコクやパタヤではタイ人が一人暮らしをした場合、贅沢をしなくても2-3万バーツかかると思います。
パタヤやバンコクの繁華街で働いている嬢たちはその金額に家族への仕送り額が足された金額が最低必要額と考えられます。
さらに車を持っていればそれだけで1-1.5万バーツ程度の負担が毎月加算されると思います。
また、嬢に子供がいればさらに5千-1万バーツ程度加算されることになるでしょう。

送金依頼のもうひとつは口説いてくる男の経済力を試す、或いは本当に愛しているのか試すという意味合いのものです。
嬢たちはみな、可能であればいい人と出会い、夜の世界から足を洗い幸せに暮らしたいと願っています。
ただし、嬢の言ういい男というのは最低限自分と家族を養っていける経済力を持ち、多少のわがままも聞いてくれる優しい男性のことです。
嬢たちはみな、家族を養うために夜の仕事をしています。家族の生活に責任を負っています。
そのため自分の身を預けるかもしれない口説いてくる男が本当に信用できるのか、一緒にいてくれるのか、仕事はしっかりしているのか、などを見ます。
そのため、愛している。と言った直後、あるいは強い好意を示した後、数千バーツ程度の送金依頼が来るでしょう。
これは性格がいい嬢、悪い嬢、いずれの嬢にも共通していると思っています。
会社で言う与信調査的な意味があります。
ここで断れば、それだけの関係だったんだと嬢も思うわけです。
本気で好きなのであれば、最初の1回目は助けてあげても個人的にはいいと思っています。
しかし、送金依頼が恒常的に続くようであれば、注意が必要です。正直に愛しているけど、いつもは助けてあげられないとハッキリ言ったほうがいいでしょう。また、単純に送金するのがいやな場合は「貸す」ということにして次回のPB代に充てられるか相談してみるといいと思います。ただし、やはりタイ人ですから貸すことにしても約束した日程でいてくれるとは限りません。そのリスクは覚悟しておいたほうがいいかと思います。

最後にパタヤに住む嬢たちの生活費を参考までに

アパート4000-5000バーツ
電気光熱費2000-3000バーツ
食費 50 x 3食 x 30日=4500バーツ
通勤費(モトサイ)120 x 25日=3000バーツ
交遊費5000バーツ
親への仕送り20000-30000バーツ
子供の費用5000-10000バーツ
車10000-15000バーツ(あれば)


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

さあ、パタヤに行こう!

プロフィール

パイパン愛好家@タイ

Author:パイパン愛好家@タイ
在タイ十数年目となります。初ゴーゴー体験は18歳から。
週1-2回ほどのペースでパタヤWSへ出かけています。

ツイッターもよくつぶやいてます。

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

格安航空券予約

パイパン愛好家が出会った嬢

超かわいいベトナム娘集

大人のおもちゃ特価

人気ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR